ペットフードとオーガニックペットフードの違いについて

スーパーなどで簡単に手に入るドッグフードは、基本的に犬専用となっていて、人間が食べることを禁止されています。
何故かと言うと、畜肉副産物などが含まれているからです。簡単に言うと、死亡したり病気やけがで死にかけている家畜の肉が使われていて、安全に食べられる肉は人間の食卓へ、そうでないものはペットフードになるのです。

また、安価で質の悪いものには有害になる成分が含まれていて、保存料や着色料、香味料などの添加物が使われていることが多く、長期間保存できるようになっています。
自然界にあるものを食べてきた動物にとって、この様な人口の添加物をペットフードで摂取していると、人間と同じような病気であるアレルギーやガン、心臓・脳血管疾患などになりやすいのです。

これに対してオーガニックのペットフードは、有機農法や無農薬で作られたりしている原料を使っていて、ペットフードに使われている穀物や肉などが、農薬などの科学的な物が一切使われていない事を指していて、原材料の健康度合いが高いタイプと言えます。
似たような言葉に無添加と書いてあるペットフードがありますが、無添加は製造工程で添加物か使われていない事を意味していて、オーガニックは原材料が作られるときに科学的な物を使っていない事を意味するのです。
どちらも原材料の管理や製造工程で膨大な時間とコストがかかってしまうため、通常のペットフードより価格が高くなってしまいますが、ペットの健康を考えるのであれば、より品質のいいものを利用するべきですね。